• トップ
  • 新着情報
  • ハバナ大学学長、副学長と未来の日本留学生受け入れに協力に合意

ハバナ大学学長、副学長と未来の日本留学生受け入れに協力に合意

2017/10/21

来日中のハバナ大学グスターボ・コブレイロ・スアレス学長とリタ・マリア・ブランコ副学長を囲んでの会が10月21日都内イタリアンレストランにて開催されました。
 

出席予定だったキューバ大使夫妻は急用で出席できませんでしたが、石野名誉会長は一般社団法人「日本躾の会」の伊藤奈緒子会長をお招きし、共にキューバの優秀な学生達の日本受け入れに関する提携大学へのアプローチ、留学手続きなどを率先して行う事に合意しました。
 

ハバナ大学は1728年に設立され、キューバ全土から選ばれた優秀な学生達が16学部と14のリサーチセンターで勉学に励んでいます。
 

ハバナ大学HPは”こちら”からご覧頂けます。



右側奥からハバナ大学学長、キューバ大使館参事官、副学長

左奥から石野名誉会長、伊藤会長、キューバ大使秘書山中氏、